icus_header_e01.jpg





Contact Access|Site Map

icus_menu_e01.jpgicus_menu_e01.jpgicus_menu_e02.jpgicus_menu_e02.jpgicus_menu_e03.jpgicus_menu_e03.jpgicus_menu_e04.jpgicus_menu_e04.jpgicus_menu_e05.jpgicus_menu_e05.jpgicus_menu_e06.jpgicus_menu_e06.jpgicus_menu_a07.jpgicus_menu_a07.jpg

title_icustowa02.jpg

●災害安全社会実現学部門
自然現象としての台風や地震をハザードと呼ぶが、この発生を阻止することは無理である。またハザードが社会に与える障害(災害)を未然に完全に防ぐ「防災」も同様に不可能である。そこで私たちは障害を小さくする「減災」に目標をシフトし、これに努めてきた。これはあるレベルの災害を許容しながらも、豊かな生活を実現する術を探ってきた活動とも言える。
「災害安全社会実現学」部門では、前述した現代社会の特徴に加え、特に、活動期に入ったといわれる地震による巨大災害やゲリラ豪雨に代表にされる都市型水害など、都市が直面する各種のハザードから人々が豊かで安全に暮らす都市環境を実現し継続するための課題を抽出・解決することを目指す。

icus_smal_member.jpg

目黒公郎 センター長・教授  http://risk-mg.iis.u-tokyo.ac.jp/
伊藤哲郎 客員教授
加藤孝明 准教授  http://kato-sss.iis.u-tokyo.ac.jp/
沼田宗純 講師  http://www.numa.iis.u-tokyo.ac.jp/top.html

sentanken_pho01.jpg

●国土環境安全情報学部門
 都市は周辺の国土空間における環境との共生によって存在しており、都市環境が周辺の環境に影響を与える一方、広域の災害や環境変化の影響を受けている。そこで、私たちは都市を含む国土環境を総合的に把握し、都市空間の快適性維持にかかわる様々な情報を国土レベルで時系列的かつ多次元的に収集・解析する技術を開発し、人為的な環境改変と自然環境の影響評価を行ってきた。これは、環境変動下における都市の快適性の維持・増進をもたらす活動とも言える。
 「国土環境安全情報学」部門では、前述した現代社会の特徴に加え、特に、頻発する異常気象に見られるような気候変動下における世界において、各種の広域ハザードの影響を軽減し、人々が豊かな自然環境を享受しながら共生する国土環境を実現し、持続させるための課題を抽出・解決することを目指す。

icus_smal_member.jpg

沖 大幹 教授  http://hydro.iis.u-tokyo.ac.jp/~taikan/taikanJ.html
腰原幹雄 教授  http://wood.iis.u-tokyo.ac.jp/
井料美帆 講師  http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/~m-iryo/
本間裕大 講師  http://www.honma-lab.iis.u-tokyo.ac.jp/
佐藤弘美 助教

sentanken_pho02.jpg

●成熟社会基盤適応学部門
どんなに強固で耐久的な社会基盤施設を整備しても、施設の管理・運営を誤れば、構造物としての施設の寿命は、社会がシステムあるいは機能として求める社会基盤の寿命を全うすることはできない。勿論、性能が低下した構造物を破棄し再構築することは技術的に可能ですが、経済性、環境負荷等の観点から適切な方法論ではない。そこで私たちは、持続可能な社会基盤施設の実現を目指し、これに努めてきた。これは、老朽化した社会基盤施設が社会に与える様々なインパクトを軽減し、豊かな生活基盤を維持する術を探ってきた活動とも言える。
「成熟社会基盤適応学」部門では、前述した現代社会の特徴に加え、特に、膨大な社会基盤施設と少ない技術者、膨大な維持管理費用と公共投資の削減などに代表される様々な不均衡を考慮しながら、成熟した社会基盤施設整備の先に訪れる危機(衰退・滅亡)から、人々の豊かな生活を守り抜くための課題を抽出・解決することを目指す。

icus_smal_member.jpg

土橋浩 客員教授  
桑野玲子 准教授  http://geo.iis.u-tokyo.ac.jp/
長井宏平 准教授  http://www.nagai.iis.u-tokyo.ac.jp/

sentanken_pho03.jpg